火へのあこがれ | Dutchwest Japan / ダッチウエストジャパン

  1. お問い合わせ
  2. 10:00~17:00(定休:日曜 祝日 第2・4・5土曜)
  3. 0120-700-027

ダッチウエストジャパン



ハース&ホーム テクノロジーズ社

薪ストーブ・暖炉の世界No.1メーカーハース&ホーム テクノロジーズ社のブランドです。

ハース&ホーム テクノロジーズ社(以下、HHT社)は、薪ストーブや暖炉などのハース製品を取り扱う専門メーカーです。HHT社は、ニューヨーク証券取引所に上場している、大手オフィス家具メーカー“HNIコーポレーション”を親会社にもつ、世界No.1の薪ストーブ・暖炉メーカーです。M&Aにより、アメリカ国内の名高いメーカーを傘下に収めながら、財政基盤の強化と安定。新製品の開発力、設備投資と共同活用で効率化と合理化を行いながら、企業規模を大きくしてきました。しかし傘下に入ったメーカーは、ブランドとして残し、それまで培ってきた風土・文化を尊重するため、オーナー制度をとっています。1998年にクワドラファイア、2007年にハーマン、ダッチウエストとマジェスティックを含むバーモントキャスティングスグループは、2014年にHHT社のグループに入り、今までのブランド力を生かした展開を行っています。
HHT社には、技術革新に制限を設けていません。それは、炎を中心に、友人や家族でおしゃべりができる空間を提供したいと願っているからです。そのため、デザイン性と最新技術の取り込み、高いハードルを自ら設定し、素晴らしい製品を作り上げる。その情熱は、ブランドの垣根を越え、グループ全体に広がっています。ハース製品を通して、最高品質の製品で世界中の家庭を温めていくことをポリシーとしています。

ハース&ホーム テクノロジーズ社

アメリカ全土に渡る生産・流通体制。それが世界No.1の証

MANUFACTURING

フェデラルコンベクションヒーターの組み立て。全て熟練工の手によって組み立てられます。

鋳鉄の製造はバーモント州のランドルフ工場で行っています。砂型から作られた鋳鉄製薪ストーブの部品は、一つひとつ人間の目によって厳しいチェックが行われています。

パーツの鋳造からストーブの組み立てまで一貫生産

全米各所に工場を構えるストーブパーツの製造は、バーモントキャスティングスグループが保有していたバーモント州・ランドルフ工場で製造されており、大型の鋳造マシーンからは、非常にクオリティの高い鋳鉄パーツを製造しています。ここで製造する鋳鉄のパーツは「Made in USA」を掲げるHHT社の要。溶鉄を流し込む砂型の原料である「砂」も国産品を使用しています。良質な砂は、良質なパーツの製造に必要不可欠なものです。鋳鉄の原料となる鉄は環境への配慮から再生鉄を使用していますが、こちらは長年の研究と技術により、バージン鉄100%と変わらない品質を維持しています。製造段階で厳しいチェックを通った鋳鉄の各パーツは、この後、熟練工の手により丁寧に組み立てられ、完成を迎えます。ストーブを組み立てる工場が、ペンシルベニア州・ハリファックスです。ここはHHTグループの主力ブランドの一つであるハーマン創業地で、グループ全体の製品開発や品質管理も行っている最重要拠点となっています。新製品の開発もこの施設で行われており、グループ全体で年間80以上もの案件が同時に進められています。


loading