ブランドヒストリー | Dutchwest Japan / ダッチウエストジャパン

  1. お問い合わせ
  2. 10:00~17:00(定休:日曜 祝日 第2・4土曜)
  3. 0120-700-027

ダッチウエストジャパン



ブランドヒストリー

マッキニーとその仲間が作り上げた完璧な薪ストーブ

ダッチウエスト創業者ブルース・マッキニーダッチウエスト創業者
ブルース・マッキニー

コンソリデーテッド・ダッチウエスト社は、1974年にブルース・マッキニーらがアメリカ東海岸で創業しました。マッキニーは、当時にはなかった小型の高性能ストーブを鋳鉄で作ろうと決意します。鋳鉄の表面に凹凸をつけることで表面積を広げ、その分ストーブを小型化させ、さらにストーブを完全な密閉型にすることで、一度の薪で一晩中、熱を出し続けることを実現しました。分離された灰受専用のドアと灰受皿などの発明はダッチウエストが最初に導入しました。コンベクションシステムはダッチウエスト独自の特徴としてダッチウエストでしかできない贅沢な暖かさを生み出します。社名のダッチはオランダ、ウエストは西と言う意味。貿易によりオランダが未開の国へ文明をもたらしたように、マッキニーの技術が世界へ広まってほしいという思いが込められています。

DUTCHWEST HISTORY

キャタリティックコンバスターキャタリティックコンバスター特殊なステンレス鋼の筒とハニカム状の目にパラジウムなどのレアメタルを付着させ、煙とレアメタルが反応することで220℃で煙が燃焼する。
−燃焼効率が50%アップ
−薪消費量を25%節約
−煙を90%燃焼

薪を燃やすと煙が発生し、その成分は未燃焼ガスです。マッキニーは煙を燃焼させやすくする「キャタリティックコンバスター」という触媒を利用する技術を取り入れることで、煙が低温状態で燃焼できるようにしました。通常、600℃以上にならないと燃えない煙が、触媒を通ることで、220℃の温度で煙突を抜ける前に燃焼させることに成功しました。この効果で、煙は90%もクリーンになり、薪の消費量も抑えられました。当時キャタリティックコンバスターは高価でしたが、来るべき時代を予測したマッキニーは、これを標準装備として採用しようと考えました。そして1984年、マッキニーはフェデラルコンベクションヒーターに、世界初となるキャタリティックコンバスターを搭載し、発売を開始しました。

ダッチウエストが世界で初めて採用し、多くのストーブメーカーが取り入れた特徴
サイドドアサイドドア

サイドドアからの薪の追加は、体に受ける熱を和らげ、火室からの灰の散らかりも少なくなります。長い薪の追加に大変便利です。

バイパスダンパーバイパスダンパー

最初の着火を容易にし、ダンパーを閉めることで、煙の流れを変えて、再燃焼を促すシステムに切り替わります。

灰受皿専用ドア灰受皿専用ドア

独立した部屋に灰受皿があり、たくさんの灰を簡単に捨てることができます。

リバーシブルフルーカラーリバーシブルフルーカラー

煙突を差し込むフルーカラーは、上方、後方のどちらにも接続できるように設計されています。住環境に合わせて、煙突の向きを変えることができます。

薪ストーブメーカーとしての、長い歴史と実績

クワドラファイア創業者クワドラファイア創業者
左:ダン・ヘンリー
右:アラン・トラスラー(現:HHT社 副社長)

クワドラファイアは、1979年にアメリカのワシントン州でダン・ヘンリーとアラン・トラスラーが創業しました。全ての人が簡単な操作で最高の燃焼パフォーマンスを発揮できることが、自分達の使命と考えていました。操作の簡単なクリーンバーンに資産を投じて研究に没頭しました。2年間の研究成果によりEPA(アメリカ環境保護庁)の規定もクリアした四次燃焼システムを開発し、特許を取得しました。性能と使いやすさを追い求める2人は、自動燃焼制御システム(ACC)や灰除去システム(ARS)など性能と機能性を高める開発を次々と行っていきました。1997年にHHT社のグループに入り、最新技術を完備した工場を設立したことで、さらに高クオリティなストーブを生産できるようになり、燃焼効率の高さと低排出ガス、デザインの良さは、世界各国で高い人気を誇っています。

ストーブの性能を追求し続ける、飽くなき向上心

エクスプローラーシリーズエクスプローラーシリーズには、クラシックブラックの他にホーローマホガニー、ホーローホワイトを展開。シックなクラシックブラックは光沢を抑えたマットな質感。光沢のあるホーローは高級感が漂う贅沢な空間を演出。

今では、クワドラファイアの代名詞とも言われる四次燃焼システム「クワドラバーンシステム」。1990年のEPA(アメリカ環境保護庁)による薪燃焼規制の制定後、2年間の研究開発を経て、特許を取得したこの独自システム。火室内の4カ所で燃焼させることで高効率な燃焼とガラス面いっぱいに広がるダイナミックな炎が魅力です。対流熱を発生させるコンベクションシステムに堅牢な構造、大型灰受皿等、クワドラファイアの燃焼性能と操作性を最優先させる理念は、今日も受け継がれています。

自分のために製作したストーブが、世界を席巻

ハーマン創業者ダン・ハーマンハーマン創業者ダン・ハーマン

ハーマンは、ペンシルベニア州でダン・ハーマン(Dane Harman)によって、1979年に創業しました。その頃、世界中で巻き起こった第二次オイルショックにより、暖房費がダンの家庭にも重くのしかかっていました。工業製品を製造する会社で溶接工として働いていたダンは、その技術を活かし自宅で使用するストーブを製作しました。ストーブはとても暖かく、友人や知人から賞賛を受けました。その話題は瞬く間に広がり、たくさんの注文が入るようになりました。1980年代に入ると初めてのショップを構え、様々な技術を開発して特許を取得し、EPAも難なくクリアしています。ハーマンの名前は広く知れ渡るようになり、会社の規模を大きくしたいダンは、1990年代に初めてのペレットストーブを製作販売します。さらにガスストーブ、暖炉へと取り扱うカテゴリーを拡大していきました。2000年代に入るとファイアドーム燃焼システムを開発し、オークウッドに搭載しました。その後に、オークリーフを発売します。2006年には工場を拡大して生産能力を大幅に増強。2007年11月にハース業界世界No.1のハース&ホーム テクノロジーズ社のグループに入り経営基盤を強化し、薪ストーブやペレットストーブを世界で販売できるルートを確保しました。

性能が最優先。価格ではない。

ハーマン

この言葉はロゴにも書かれており、ダンの製品作りに対する哲学です。ストーブは「高機能、高品質、頑丈」であること。使用していく中で、最も重要視すべき点、それを貫いてきました。ブランド名に「ハーマン」と自分の名前を付けています。自分の名前が付いているがゆえ、製品に対して責任を担う。製品がきちんと設計され、製造されていることが非常に重要になる。物作りに関わる責任を貫いています。その思いは、今でも一貫しています。ダンは現場主義をモットーに、設計から製造までを手がけ、スタッフとともにストーブ製造を行っています。2002年、ダンは長年の夢だったオール鋳鉄製の薪ストーブを開発しました。それまでは、鋼板製でデザイン的要素を取り組みにくく、歯がゆい気持ちでいました。鋳鉄であれば思いのままのデザインを描き、高機能で高品質、それに頑丈さも十分に引き出せます。審美性を兼ね備えたストーブで、ハーマンの名はさらに脚光を浴びることとなります。


loading