山男の懐かしき思い出に火が灯る | Dutchwest Japan / ダッチウエストジャパン

  1. お問い合わせ
  2. 10:00~17:00(定休:水曜)
  3. 0120-700-027

ストーブのある暮らし


山男の懐かしき思い出に火が灯る

赤々と燃える火が人と人とを繋ぎ、人生を味わい深いものに。いつしか自然と、笑顔になる


北海道小樽市・Iさん宅

以前は北アルプスなど本州の名山を登っていたIさん。時には吹きすさぶ風に打たれ、銀雪を踏みしめるようにして歩みを進め、かじかむ思いをしながらやっと山小屋へ。すると、そこには赤々と燃える薪ストーブが。「ほっとする暖かさに、山男はいつも癒されていました」と、嬉しそうに話すIさん。その体験が薪ストーブを選ぶ理由になったそうです。

今でも山の頂を目指した過ぎし若き日に思いを馳せ、ちびりちびりとやりながら薪ストーブを独り占めする時間を楽しんでいます。また、気心知れた友人たちと炎の前で飲み会を開催するのも、また大切なひとときで、暖かな炎がかけがえのない人間関係を築く大事なツールにもなっています。定年後は、もっと薪ストーブを楽しみたいと、夢は広がっています。


  1. 北海道小樽市・Iさん宅
  2. 北海道小樽市・Iさん宅

EPISODE

北海道小樽市・Iさん宅

毎年雪が解けると、自分で煙突掃除をします。2年に1回程度の割合でもいいそうですが、もう僕の年中行事。ダッチウエストさんの商品には掃除用具のキットもあり、ファイバーグラスでゴシゴシするだけ。面倒はことは少しもなく、とても簡単です。所要時間は30分ぐらいかな。きれいになると、「ヤッタ!」と達成感があり、薪ストーブとの付き合いも深まるような感じがしています。
(Iさん談)


DATA

CONCORD 1661

CONCORD 1661

北海道小樽市・Iさん宅
家族構成/夫婦、子ども2人
使用機種/コンコードレッド「1661(ホーローレッド)」
※現在、こちらのストーブの取り扱いはありません。


ストーブのある暮らしリストへ戻る


loading