エミリー・ヒラリーのルポ | Dutchwest Japan / ダッチウエストジャパン

  1. お問い合わせ
  2. 10:00~17:00(定休:日曜 祝日 第2・4・5土曜)
  3. 0120-700-027

エミリー・ヒラリー・るりこのルポ


Reportage


るりこさんのイタリア便り

わたなべ るりこ
るりこ
ZARINAイタリア駐在スタッフ
イタリア各地を訪れたり、ZARINAで淹れた
エスプレッソで作るお菓子のレシピをご紹介します。
  1. 10日(金)食事会に集合!

    2017年3月6日るりこさんのItaly便り

    今日久しぶりにウォーキングに出かけたら思いがけず水仙が咲いているのを見つけました!

    春はいいですねえ、見つける喜びに満ちています。

    春の匂いがたちこめています。

    特別きれいな花を咲かせる木ではなくても芽吹いているのを見たり、

    朝小鳥のさえずりを聞いたりすると心が動かされます。

     

    さて、親友とその友人とそしてそのまた友人、彼女のお母さんとその親戚の叔母さんと

    こんな調子なので半分以上は知らない人ばかりなのだけれど、

    友人の強引な押しに負けて取り敢えず行ってみることにしました。

    集合をかけた本人までが、誰が来るのか知らないと。

    ま、ピザが美味しかったレストランなのでそれが行く決め手となりました。

    3月8日は女性の日 /フェスタ デッラ ドンナ。

    今年は水曜日で平日ということもあり少し延ばしてその週末10日に

    女性の日を祝う食事会の企画となった訳です。

    日本語で言うならば “幹事”を務める友人、その彼女のお母さんや叔母さんまでが

    参加するあたりがファミリー的でやっぱりイタリアです。

    「ね、皆でピザレストラン行こうよ」というのが

    日本の「ちょっと飲みに行かない?」的ニュアンスを含むのです。

    1791.jpg 1792.jpg

    ピザレストランにはピザは勿論、他のパスタ類があったり肉料理も魚料理も

    あったりするので食の好みの心配をせずにグループで行くことが出来るのです。

     

    ただ意外なのは、飲む量が割と少ないということ。

    女性だけのグループなら運転組はコーラを注文し、

    相乗り組でもわずかな人のみがビールを飲むといった具合、それも1杯だけ。

    オーダーした後、注文したピザや料理が運ばれてくる迄はテーブルはとっても賑やか!

    あれだこれだ、ご主人の話、恋人の話、飼っている犬の話と本当に話題はつきず

    それで料理が運ばれてくると結構テーブルは静かになり皆、食べる事に集中するのです。

    そして食べ終わったかと思うとまたペチャクチャペチャクチャと

    お喋りするボリュームもアップします。

    おしゃべりタイムと食事タイムの差はかなりなものです。

    暫くたつとカメリエーラさんがやってきてドルチェやカフェの注文をとります。

    これが男性混合のグループになるとグラッパ酒のオーダーも結構入るのです。

    女性の日が平日であるとすれば、だいたいその週末に多くの女性が食事会を開くので

    それに合わせてレストラン側もあることを準備します。

    それはとディスコタイムです。

    食事は大体夜の8時か8時半頃に始まり11時半頃からダンスタイムとなるのです。

    “躍るあほうに見るあほう同じ阿呆なら踊らにゃ損々”と

    数年前に行った徳島の阿波踊りを思い出しますが、

    まさにこのフレーズがピッタリ!

    皆、よく踊りますよ~。

    勿論私も!

     

    1793.jpg

    ところで、女性の日のシンボルとしてミモザの花が贈られます。

    ご主人から奥様へ、彼から彼女へそしてもちろん、女性の友人同士の間でもそうです。

    息子からお母さんへ、おっとこれは忘れてはいけませんね。

    なんたってマンモーネの国ですから。

    ミモザの花に限らず、ミモザの花をあしらったリボンがかけてある

    小さい箱入りのチョコレートというのもパン屋さんのカウンターで見つけました。

    1794.jpg

    お菓子屋さんのウインドーも黄色づくしでデコレーションがほどこされていて、

    見ているだけで心がウキウキしてきます。

    イタリアではちょうどこの時期にミモザの花が咲き始めるので、

    これが女性の日のシンボルの花とされました。

    それが1945年のお話だそうです。

    女性が強いイタリアであってもやはり、女性の平等な社会参加の機会を整える目的である

    女性の日をお祝いしないなんてもってのほかという訳です。

     

    1795.jpg

    ミモザケーキは、クリームをはさんだスポンジケーキの上に

    同じスポンジケーキをサイコロ状に小さくカットしたものがのせてあるケーキです。

    これも8日の女性の日をお祝いするのに欠くことの出来ないお菓子です。

    やはりお祝い事に特別な食べ物は欠かせません。

    ZARINA


ルポライター


最新の記事


アーカイブ


loading