エミリー・ヒラリーのルポ | Dutchwest Japan / ダッチウエストジャパン

  1. お問い合わせ
  2. 10:00~17:00(定休:日曜 祝日 第2・4土曜)
  3. 0120-700-027

エミリー・ヒラリー・るりこのルポ


Reportage


るりこさんのイタリア便り

わたなべ るりこ
るりこ
ZARINAイタリア駐在スタッフ
イタリア各地を訪れたり、ZARINAで淹れた
エスプレッソで作るお菓子のレシピをご紹介します。
  1. さらば独身貴族よ!

    2017年3月18日るりこさんのItaly便り

    「日本人も美容整形するんですか?」

    えっ?!

    聞き間違えかと思って担任の先生に確認したら間違いなくこの質問でした。

    とある小学校の3年生のクラス、”日本の文化教室”という課外授業の一コマです。

    そうかぁこういう質問もあるんだな(冷や汗: イタリアではバカンスの前と後では

    こんなに口角が上がった、等と有名人の一例の写真を比較して冷やかす番組があるくらい、

    美容整形は結構メジャーなのです。意外にも一般人でも多いようです。

    それがゆえの質問でした) 。

    「この季節はちょうど桜が咲いて、小学生は終業式を迎えるんですよ。」と言えば、

    「じゃあ日本の小学生はどれくらいバカンスがあるんですか?」とくる。

    「3月にひと学年が終了すると4月からまた新学年が始まるんですよ。」と答えると

    皆一斉に「え~っ?!」と悲鳴に近い反応が返って来るのが面白いんです。

    そうだよな、イタリアは6月10日前後に終業式があって

    新年度が始まる9月までの3ヵ月がバカンスだもの、、、。

    日本人が勤勉過ぎるのかイタリアのバカンスが多過ぎるのか、はて?

    1801.jpg

    小学校におじゃまする前、いつもワクワクします。

    何せ未来のアーチストがたくさん潜んでいる国ですから、

    子ども達が手作りした作品や絵が教室の中に飾ってあるのを見るのが楽しみです。

    1802.JPG 1803.JPG

    そして学校の近くに子ども達を見守るように存在していた桜の木。

    三分から五分咲きです。日本で良く見る桜のものより花びらの色が濃くて

    葉っぱの色はあの桜餅をくるんである葉の色と似ています。

    さてとお友達の結婚式の準備、彼女達の家造りと共に進んでいるようです。

    我々立会人組はというと、「さらば独身貴族よ!」と題したイベントの企画に奔走しております。

    このイベントは夫になる男性とその友人男性ばかりのグループと

    妻になる女性とその友人女性からなるグループに分かれて、

    各々食事会を企画したり小旅行をしたりする訳です。

    これは挙式の大体1ヵ月前から2週間前に実施されます。

    今回、男性軍はプラハに小旅行企画があったのですが、

    こちらは2泊3日という日程もあり計画は見事に崩れてしまった様子です。

    何せ企画したのは独身男性2人ですから

    家庭のある男性組からはほとんど「ノー」の返事だった様子。

    さて我々女性軍、もう一人の立会人のマルちゃんが

    メッセージグループを作ってくれました。

    日程をお知らせする初メールがあった日は一日中携帯が鳴りっぱなしでした。

    今回は男性軍と女性軍の日程が同じ日に予定されているために、

    小さい子どもがいるファミリーはてんやわんや、、、。

    昨日、スーパーに行ったら花嫁になる友人の友達であるマグダちゃんとバッタリ遭遇。

    「同じ日、うちの主人が “さらば独身貴族よパーティー”に行くから私は行けないわ、

    残念!ねえ、るり子あなたも立会人なんでしょ?何とか出来ないのぉ。何とかしてよ~!

    うち旦那が行から私は行けないわ、日程を変更出来ないの?」

    「いや、日程は当人同士の希望だから無理!」と私が何度繰り返しても、

    言ったもん勝ち、主張した者勝ちのイタリアなのでもう汗だくでした。

    1804.jpg

    これは以前、街の中で偶然遭遇したさらば独身貴族よ!のあるグループの写真。

    ダンボール製の手作りの車に花婿予定者が乗せられて何か叫んでいたっけ。

    結構なアルコールが入っているので、街行く人の笑いを誘っていました。

    男性陣の企画は結構簡単です。

    飲んで食べて騒いで!が一番の目的ですから、

    あとは場所を決めるだけです。

    我々女性陣はそうも行きません。

    意外とイタリア人女性は飲む量が少ないので、

    ちょっと趣向を変えようと計画中です。

    これはまたご報告します。

    もう一人の立会人のマルちゃんが参加者予定の女性陣と

    色々コンタクトを取ってくれているので、

    ここは一つ私が頑張らねば!

    1805.JPG

     ZARINA


ルポライター


最新の記事


アーカイブ


loading